絞り込みで検索
トップ トピックス 国内旅行用スーツケースの選び方 快適な旅を支えるおすすめ商品12選

Feature

国内旅行用スーツケースの選び方 快適な旅を支えるおすすめ商品12選

2019/08/12

日本国内への旅行や出張に連れて行くスーツケース、どんなものを選びますか?サイズや素材、軽さなど、セレクトの条件は様々。ここでは、スーツケースの種類と選びのポイント、おすすめアイテムをご紹介します。

国内旅行用のスーツケースの特徴

まず、ハードキャリーソフトキャリースーツケースはこの2種類にざっくり大別されます。ハードタイプとはポリカーボネイトやABS樹脂、アルミ合金など、ボディが硬い素材でできたもの。反対にソフトタイプは、ナイロンやポリエステルなどの布製です。

ハードキャリーの特徴

硬い素材に覆われたハードケースは、荷物を衝撃や水濡れから守ってくれる強度の高さが長所です。ただし素材の硬さのせいで、ぶつけたときに本体が傷付いたりへこんだりしてしまうことも。また、ソフトタイプと比較すると、どうしても重さが気になることが多いです。左右に分けて収納できるタイプや、本体を寝かさずに荷物が出し入れできるフロントオープンタイプがあり、整理整頓に便利です。

ソフトキャリーの特徴

柔らかい素材で作られたソフトケースは、多少膨らんでも本来の容量以上に荷物を詰め込めるのがメリット。ハードタイプに比べると軽量で扱いも簡単ですが、柔らかさゆえ外部からのショックを受けやすく、壊れ物の収納には不向きです。ただ、海外では気がかりな刃物での切り裂き等セキュリティ面の心配は、国内ではそれほど気にならないかもしれません。大きな荷物をしまいやすい片面開きの構造なので、中身の取り出しにスペースを必要としないのも高ポイント。ただ、基本的に開閉はファスナー式なので、雨が入り込んだり、こじ開けられてしまう恐れがあります。

国内旅行で使うスーツケースの選び方

国内の旅でスーツケースを持ち歩くとき、気になるポイントはどんなところでしょう?例えば、アメリカ旅行では必須とも言えるTSAロックが日本では要らないので普通の鍵で十分だったり、海外に行く場合とは選びの条件も変わってきます。

移動のしやすさを重視する

旅行にしても出張にしても、実際スーツケースを持ち歩いていると、意外と気になるのが移動のしやすさ。旅先ではどうしても普段より荷物が大きくなってしまうため、スムースに動かせるものの方が便利です。そうなると、重視すべきは「キャスター(車輪)」と「軽量さ」。なめらかに動くキャスターが付いていると、それだけで操作性が大幅にアップします。もちろん、軽さも移動のしやすさに大きく関わってきます。本体そのものが軽量であれば、その分荷物が動かしやすくなります。

機内持ち込みができるか確認する

飛行機での移動がある旅行なら、機内持ち込みか手荷物預けかを考えるのもポイントです。機内に持ち込む場合は、各航空会社の規定サイズ以内のものを選ばなくてはなりません。また、カウンターで預ける場合も、規定を超えると超過料金が発生してしまうことも。飛行機内に持ち込むメリットとしては、ロストバゲッジしにくいことや、ターンテーブルでの待ち時間をなくせることが挙げられます。逆に、預ければ、チェックインから手荷物受取所までスーツケースを持たず、身軽に歩くことができます。

国内旅行におすすめのスーツケース12選

あらゆるタイプのスーツケースが揃う「アジア・ラゲージ」の中でも、特に国内旅行に適した12のモデルを厳選してご紹介します。

  • PANTHEON PTS-4006

    ギリシャ建築の神殿をモチーフにした独特なデザインは、たくさんのスーツケースが流れてくるターンテーブルの中でも、パッと見つけ出せそうです。光沢感が美しいヴィジュアルはもちろん、動かしやすい4輪ダブルホイールキャスターTSAロックと、機能性の高さも充分。

  • PANTHEON PTS-5006

    スタイリッシュなデザインで人気のPANTHEONのストッパータイプ。ボディを寝かさずに中身の出し入れができる、フロントオープンポケット付きで便利です。電車内や坂道などで活躍する前輪ストッパーは、ケース側面にスイッチが付いているので操作も簡単。

  • La PANTHEON PTK-1000-18

    メイド・イン・東京にこだわった、最高品質モデル。ホテルのルームキーのようにかざすだけで施錠と解錠ができる、画期的な電子ロック機能を搭載しています。便利なフロントオープン部分は配色切り替えになっていて、デザインのアクセントとしても効果的。カーボン素材を使い、耐久性にも特化しています。

  • departure HD502S-22

    あえて大量生産せずに、職人が丁寧に作ることにこだわったスーツケース。パーツ一つひとつに至るまで、精密に設計されています。ストッパー機能や、引き裂きを防ぐ防犯ファスナー不劣化耐久ハンドルを搭載、使うほどにその質の高さを実感できます。また7色から選べるカラーも魅力です。

  • MAXBOX MOZAIC SERIES ALI-2511

    スマートなのにたっぷり入る大容量が魅力の「MAXBOX」シリーズ。こちらは光の加減でわかるくらいの、さりげないモザイク柄が特徴のデザイン。スクエアのシャープなフォルムと、主張しすぎないプリントがおしゃれです。ダブルホイールキャスターで安定感あり。

  • MAXBOX MOZAIC SERIES ALI-2611

    驚きの収納力を誇るスクエアボディは、超軽量で扱いやすいのが自慢。角度によって見え方が変わるモザイク柄のデザインで、実用性だけでなくルックスも申し分ありません。ボディ埋め込み式で壊れにくいダイヤルロックは、キーを携帯する必要がないのも便利。

  • MAXBOX MOZAIC SERIES ALI-2711

    スマートなルックスながら、96リットルととにかく大容量。なのに超軽量で、ラゲージに求める条件をすべて満たしてくれます。内装にはホールドベルトが付いていて、荷崩れを防いでくれます。豊富なカラーバリエーションの中からお気に入りの色を選ぶのも、楽しみのひとつ。

  • イケかる ALI-1031-18S

    無駄のないシンプルデザインと軽量ボディにこだわったモデル。電車・バス・坂道で止められる前輪ストッパー機能を搭載しています。。ボディの表面にはマットヘアライン加工を施し、傷が目立ちにくい仕様です。衝撃に強いのも特長です。メッシュポケット付きのディバイダーを装備しているので、荷物の整理整頓が簡単にできます。

  • イケかる ALI-1031-24S

    シンプルなデザインの軽量モデルは、ボディの表面には傷が目立ちにくいマットヘアライン加工を採用。前輪ストッパー付きで、乗り物の車内や坂道でも操作しやすいのが特長です。止まるのは前輪だけなので、本体を斜めに倒せば後輪で移動できます。

  • Triplayer ALI-001-18

    坂道や電車内でのちょっとした移動に活躍する前輪ストッパー機能、引手がちぎれにくい耐摩耗性に優れたYKK社製の折り込みファスナーなど、使いやすい機能を搭載した「Triplayer」シリーズ。旅先での使いやすさは抜群です

  • MAXSMART MS-205-21

    女性目線で開発されたこちらのモデル。スマートなルックスながらたっぷり入る大容量にこだわって、デザイン性と実用性の両方を叶えました。静音性に優れたウレタン製のタイヤと走行性の高いダブルキャスターを搭載し、移動がとってもスムースなのも魅力。

  • GALE GALE-F18

    使用頻度の高いものや、狭い場所での荷物の取り出しにも便利なフロントオープンポケット付き。メインルームへ直接アクセスでき、全ての荷物を出し入れできます。ディバイダーやクロスバンド、メッシュポケットなど、荷物の整理に便利な仕様の内装です。

国内旅行にぴったりなスーツケースを選ぶにはツボを押さえて

日本国内を旅する場合、一般的に海外に比べて治安がいいので、そこまでセキュリティ面を重視しなくてもいいかもしれません。その分スーツケースの選択肢も広がりますし、欲しいものに出合える可能性も高くなると言えるのではないでしょうか。ぜひ、じっくり吟味してお気に入りの一品を見つけてみて。

Share